ハウスメーカーに関する情報サイト

ハウスメーカーについて知ろう

このサイトでは家造りにおいて最も重要な存在となるハウスメーカーについて様々な情報を発信しています。
具体的には見積もりの比較のポイントや手付金がいくるになるのか、といった情報や単価は何で決まるのか、提携ローンを選ぶメリット、増築しやすい家造りといったテーマについても述べています。これらの情報をマスターすれば、メーカー選びで失敗することなく、理想的な家を作ることが可能となります。非常に分かりやすい内容ですので、一度、ご覧ください。

ハウスメーカーの見積もりの比較ポイント

ハウスメーカーの見積もりの比較ポイント ハウスメーカーを選ぶ際には初めから特定のハウスメーカーに絞るのではなく、複数のハウスメーカーを選んで、そこから見積もりを提示させて、その内容を比較検討して最適なハウスメーカーを選ぶというやり方が有効となります。
見積もりを比較する際のポイントは、総額だけを見るのではなく、内訳もきちんと把握することです。内訳には総額になる根拠が記されているだけではなく、使用する資材や設備などについても詳しく記載されています。そうしたものが自分に合っているかどうかをチェックすることが大切です。いくら金額が安くても、自分が希望する住宅設備を使用していなければ意味がありません。したがって見積もりの内訳はしっかりと見るようにしてください。

契約金を支払うタイミングとは

契約金を支払うタイミングとは 住宅を建築する際には、出来高に応じ、何回かに分けて支払いが発生するのが一般的です。目安としては、請負の契約時に契約金が1割程度、着工時に着工金が3割程度、上棟時に上棟金が3割程度そして引き渡し前に完成金(竣工金)が3割程度となります。ハウスメーカーによって支払いの期限や金額の割合は異なりますので、事前に確認しておくと安心です。
仮契約時に必要な「契約手付金」は、ハウスメーカーと契約をする意思表明となるお金であり、お互いに取引をキャンセルしないで進める約束となるお金です。そのため、もしも契約手付金の支払い後に契約をキャンセルする場合は、返金されないことがほとんどです。
金額はハウスメーカーによって異なりますが、一般的に50万円から100万円程度が相場です。契約した住宅価格の5%から10%が目安となりますが、交渉によっては5%以下となる場合もあります。
さらに本契約(建築工事請負契約)時に支払うのが、契約金です。住宅ローンの借り入れ前に支払わなくてはいけませんので、自己資金で現金を用意しておく必要があります。ハウスメーカーによって異なりますが、一般的に100万円~200万円程度が相場であり、契約した住宅価格の5%から10%が目安となります。自己都合では返金されませんので、契約内容をしっかりと確認してから支払いましょう。

ハウスメーカーの情報サイト

ハウスメーカー