ハウスメーカーに関する情報サイト

ハウスメーカーについて知ろう

単価は何で決まる?

単価は何で決まる? ハウスメーカーの単価ですが、これはどのような建築資材を用いるか、またオーナーの要望に細かく対応したオーダーメイドをどこまで取り入れるかに応じて決まってきます。壁や窓、床、柱といった住宅の骨格となる建築資材の他、例えばバスルームやキッチンはどのメーカーのどんな製品を使うかで価格が変わってくるのは誰でも分かるでしょう。
利用する資材もそうですが、ハウスメーカーがオーナーの要望にどこまで対応するかによっても変わります。間取りを例にとれば、一般的なものであれば建築する側も今まで通りにやれば良いのですから仕事も楽で簡単です。しかし、あまり一般的でない要望を数多く出すと、その一つ一つに対応していく手間ひまがかかります。これは当然ながら職人さんの人件費につながりますから、その分だけ価格に跳ね返ってくることになるわけです。ハウスメーカーの手掛けている住宅の平均的な単科を見れば、どのような住宅を建てていることが多いのかだいたいの想像がつきます。

ハウスメーカーによって違いがある家の値段

ハウスメーカーによって違いがある家の値段 ハウスメーカーを選ぶ時に、家を建てたらいくらかかるかは大切な条件です。しかしメーカーが同じ家を建てることはなく、参考になる値段を知るには坪単価などを調べるとわかってきます。
値段の低いものは材料を一度に大量に生産できる施設で、最近よく耳にするローコストな住宅会社があります。オリジナルにこだわって自分独自の特徴を出すものは出来ませんが、それなりに標準的で住みやすい家を建てることができます。このグレードより少し高いものは鉄骨住宅を実施しているメーカーで、鉄骨は木造よりも頑丈で耐久性が高いことから金額もアップしています。からに高いものには災害などに耐える機能を取り入れているものが多く、独自の個性や家主の人の希望を取り入れることができて丈夫な家屋になっています。それ以上のものは注文住宅を扱うハウスメーカーで、一から住人の要望を取り入れてオリジナルの家を建てます。また標準以上の大規模住宅を扱っている所も費用は高くなります。